top of page

メガネレンズのコート傷み

お客様からご注文いただくメガネレンズの90%以上はプラスチックレンズです。


特徴は『軽い』『割れにくい』『UVカット』『カラー染色』などが挙げられ人気です。


一方で苦手な点もあります。


●高温や急激な温度差

レンズ基材の上の層にある反射防止コートや撥水コートが熱膨張によりレンズ基材とハードコートに引っ張られ、コート剥離が起こる場合があります。


夏場の車内にメガネを放置、温泉やサウナ室内でメガネ装用、ドライヤーの熱風も注意が必要です。




●水滴の放置で固着

意外と多いのが『水ヤケ』です。



薬剤(トイレ用、浴室用洗剤)、化粧品、整髪料、油、汗 等が付着した場合は、水で洗い落して拭き取りましょう。


そのまま放置しておくとレンズ表面に水ヤケとなって固着したり、シミ状の剥離が残る場合があります。


外出時、雨で濡れてしまった場合も、放置せず拭き取るようにしましょう。




レンズのクリーニングには、メガネ専用クリーナー(無い場合には中性洗剤を薄めた液)を使用しましょう。


※酸性・アルカリ性の洗剤(固形石鹸、ハンドソープ、ボディソープ)は使用しない方が良いです。



コート剥離や水ヤケは修復できません。少しでも長くお使いいただくためにも、お手入れ方法を見直してみましょう。


Comments


bottom of page